金井塚医院<京都市中京区 内科・小児科・介護>

どこにあるの?
なにができるの?
私たちがお手伝いします!
院長ってどんなひと?
お問い合せ
エッセイより

糖尿のけがある?
早朝高血圧って?
骨粗鬆症って?

予防接種情報

インフルエンザワクチン2018
インフルエンザ予診票

糖尿病に黄色信号
糖尿病Q&A
Q.糖尿病を早期に発見するには、食後1〜2時間の血糖値を測るとよいと聞きましたが、どうしてですか?
A.健康診断などでは様々な検査を同時に行うため、空腹時の血糖を測るのが一般的です。しかし糖尿病の初期段階では、空腹時血糖は正常なのに、食後の血糖だけ高くなるケースが多く見られます。より早期の糖尿病を見つけるためにも、食後の血糖を測定してみることは大変有効なのです。
Q.もし食後の血糖値が高くても、空腹時血糖が正常ならすぐに治療しなくてもいいですよね?
A.糖尿病は早期から治療する必要があり、食事・運動療法に加え「糖類の吸収を遅くする薬」などで血糖値をコントロールすることも可能です。一方、食後の高血糖を放置すると、それほど高くない空腹時血糖までも徐々に高くなってくることがあります。また最近では、食後の高血糖が心疾患の発症の引き金になっていることがわかってきています。より早い段階からしっかりと血糖値をコントロールすることが大切なのです。
COPYRIGHT(C) 2018 かないつか医院 ALL RIGHTS RESERVED.